中友会(東京都公立中学校退職校長の会)

合祀慰霊祭は他団体にはみられない中友会独自の行事として高い評価を得ています。





合祀慰霊祭



 合祀慰霊祭について 


 合祀慰霊祭は、中学校教育一筋に校長として苦楽を共にしてきた会員が相集い、ご逝去会員の遺徳を偲び、追善供養するという趣旨で、第一回を昭和四十二年に護国寺において営みました。

 以後、三年毎に護国寺にて開催してまいりました。運営に当たっては、毎回、護国寺並びに都民互助会の多大のご協力をいただいています。

 また、合祀慰霊祭にはご遺族の方々にも多数ご参列いただいています。会員の皆様にも多数ご参列いただき、ご遺族の方々共々、ご逝去された会員を偲び、追悼のひと時とすることにより、合祀慰霊祭が一層意義深いものとなると思います。是非、ご参列くださいますようご案内申し上げます。

 なお、慰霊祭の運営は、会員の皆様からの香華料と積立金を財源としておりますが、香華料に依存する割合が大きくなつております。ご逝去会員への追悼・慰霊のお気持ちの込められた香華料によって合祀慰霊祭が運営されますのも中友会ならではのことであります。より多くの会員の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

(第16回合祀慰霊祭のご案内より)

写真 第17 回 合祀慰霊祭 平成30年6月2日(土)

第18 回 合祀慰霊祭 令和4年に延期いたします。