中友会(東京都公立中学校退職校長の会)




























































































































中友会(東京都公立中学校退職校長の会)会則



第1章 総 則


第1条 本会は、中友会(東京都公立中学校退職校長の会)と称し、事務所を東京都 
中学校長会事局内に置く。

第2条 本会は、会員の親睦と互助を深め、あわせて生涯学習の充実を図ることを目的
とする。

第3条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)会報の発行  (2)会員名簿の編集・発行  (3) 逝去会員全員合祀慰霊祭実施
(4)研修・見学旅行の実施  (5)懇親会・忘年会などの開催 
(6) 退職予定校長への入会案内  (7) その他
第4条 前条の事業を行うために、庶務部・研修部・会報部・会計部を置く。
各部の業務内容は、幹事会の議を経て別に定める。 なお、必要に応じて委員会を設け
ることができる。


第2章 会 員


第5条 本会は、東京都公立中学校を退職した校長をもって組織する。

第3章 役 員


第6条 本会には、次の役員を置く。
会 長  1名      副会長  若干名
幹事長 1名       幹  事  若干名      会計監査  若干名
第7条 会長・副会長・会計監査は、総会において会員より選出し、任期は3年とする。 
ただし、再任は妨げない。

幹事は新入会員を主にして会長が指名し、総会において報告する。任期は3年とする。
幹事長は会長が指名し、総会において報告する。任期は1年とする。

第8条 会長は会の代表として、会務を総括する。
副会長は会長を補佐し、会長不在のときは予め会長が定める順序にしたがって、その
職務を代行する。

幹事長及び幹事は、本会の会務を執行する。
会計監査は、本会の経理を監査し、総会に報告する。

第4章 相談役・参与・評議員


第9条 相談役は本会の正副会長経験者、参与は東京都中学校長会長・本会幹事  
長経験者並びに東京都中学校長会事務局長及びその経験者とし、会長が委嘱して  
総会に報告する。

相談役・参与は、本会の重要事項について、会長の諮問に応えるとともに、役員会に出
席して意見を述べることができる。

第10条 評議員は幹事経験者とし、本会の運営上の課題について会長の諮問に応え 
るものとする。


第5章 会 議


第11条 本会の会議は、総会・役員会・幹事会とする。
第12条 総会は、毎年これを1回開き、会則の改正、会長・副会長の選任、会務報告・
事業計画、予算及び決算の承認、その他、重要事項を審議・決定する。会長が必要と
認めたときは、臨時総会を開くことができる。

第13条 役員会は、相談役・参与及び役員で構成し、原則として年4回これを開き、会 
務を審議する。

第14条 幹事会は、役員(会計監査を除く)をもって構成し、原則として月1回これを開
き、会務を執行する。

第15条 会議は、すべて会長が招集する。

第6章 会 計


第16条 本会の会計は、一般会計並びに特別会計とする。
第17条 本会の経費は、会費及びその他の収入をもってこれを充てる。
第18条 本会の会費は、年額1,500円とし、入会費は、1,500円とする。
第19条 臨時の会費は、その都度徴収する。
第20条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第7章 付 則


第21条 本会の運営に当たり、必要な内規は、役員会において定めることができる。
第22条 この会則は、総会によらなければ改正することができない。
第23条 この会則(従来は規約)は、昭和42年11月19日より施行する。
 
昭和42年11月19日 規約制定
昭和48年06月24日 一部改正
昭和49年06月02日 一部改正
昭和51年06月27日 一部改正
昭和54年06月24日 一部改正
平成02年06月16日 一部改正
平成07年06月03日 会則として改訂
平成13年06月09日 一部改正
平成17年07月09日 一部改正
平成25年06月01日 一部改正
平成28年06月04日 一部改正